GW合宿@花山

日時:5/2~5/4

場所:花山キャンプ場

参加者:ちゃり、はるふみ、ももたろう、ゆっきー

GWの花山合宿に行ってきました。
今回の合宿では2日目に栗駒山に行って登山をしてからスキーで滑って下山しました。なので登山をするときはスキー板をリュックの横につけて登山をしました。今回の登山は春なので普段は経験できない雪山での登山でした。春の雪山での登山は夏に登山するよりもかなり簡単に登ることができました。

3日目には朝早く起きて山菜取りに行きました。自分は山菜取りをするのが始めてだったので最初はどの草が食べられる物なのかが分かりませんでしたが、ばくたちに教えてもらって少しずつわかるようになりました。今回の山菜取りではタラの芽などを取りに行ったので手を怪我しないように皮手袋をして取りに来ました。またタラの芽は大きな木からとるので何人かで手伝いながら撮りました。

ゆっきー

筑西市職員研修

日程:4月2日

場所:筑西市

派遣:じぞう、ももたろう

 

今年も筑西市の職員研修に行ってきました。

短い時間の中でどういうふうにアセスメントするかがとても重要な研修でした。参加者の中には障害を持っている方もおりコミュニケーションや双方の弱み強みの理解などが重要になっていました。

今回、自分の班は他者の意見に賛同するタイプの方が多くリーダーシップを発揮している人に依存することが多くあまり会話が多くなくトライする機会も減ってしまった為アクティビティを達成することがあまりできませんでした。

意見を求めても周りがそう言うなら仕方ないかなど依存的な回答が多かった為個人的にアセスメントがとても難しかったです。

どんな時にも与えられた時間でできる最高のパフォーマンスを発揮できるようにこれからも頑張って行こうと思います。

ももたろう

つまごいスキーキャンプ2019

期間:2019年3月27日〜31日

場所:パルコールつまごいスキー場

内容:スキー指導、生活指導

派遣:うなぎ、ちぇりー、ももたろう、ほっち

ももたろうがプログラムディレクター、うなぎ、ちぇりーはカウンセラー、ほっちはスタッフ兼サブカウンセラーとしてつまごいスキーキャンプに参加をしてきました。

今年は野地平に全員ビバークするということで、例年よりもスキー講習の時間が少し短くなってしまいましたが、普段のスキー講習とは比べ物にならない程に野地平へのバックカントリーで得るものは大きかったと思います。

スキー班(全4班)と野地平ツアー班(全4班)は、花山の経験なども踏まえ、全く違うメンバーによる構成でした。
まずスキー班についてですが、私は3班を担当しました。3班の目標プライズはシュテムです。後傾姿勢の改善と、ターン時の荷重の仕方を理解してもらうのが難しく、わかりづらい説明になってしまった部分もあったと思います。キャンパーは全員小学生だったので、もっと噛み砕いた表現をすればよかったと思う部分は多々ありました。
野地平ツアー班については、4班を担当しました。LODシステムを導入し、準備〜当日までキャンパーのリーダーを中心に運ぶ予定でしたが、私が未熟な部分も多く、特に前日準備の時に必要以上に介入してしまったと思う部分もありました。キャンパーの能力をしっかり見極めて、キャンパーが成長できるようにサポートが出来なければならないと実感しました。

今回のキャンプで、スキー講習にせよ野地平にせよ、キャンパーが成長できる接し方はどのようなものなのか、というのが大きな課題となったと思います。次回以降の派遣の際も、このことを意識して、キャンパーが「楽しかった、また行きたい!」と思えるようなキャンプ作りへの協力ができたらいいなと思います。

うなぎ

今回私は本部スタッフ兼4班サブカウンセラーとして参加しました。スタッフとしてキャンプに参加したのは今回初めてだったので、やると決まったときからずっと緊張していました。スキー講習中は初心者班のサポートをしていたため、私がメインで子供にスキーを指導するわけではありませんでした。しかし、ほとんど滑ったことがない初心者にはどういうことをどのように教えていけば良いかを間近で見ることができとても勉強になりました。最初は、転ぶと自力で起き上がることもできなかった子が最後にはゴンドラで上まで登って滑り降りて来れるようになり、さらには野地平ビバークまでやり遂げ、子供の成長は本当にすごいと感じました。

また今回のプログラムには野地平ビバークもあり、私もツアー班を持つことになりました。基本的には班内で決めたリーダー、サブリーダーを中心に活動するとのことでしたが、カウンセラーとしてどこまで踏み込んで指導すれば良いのか、どれくらいの距離感を保てば良いのか難しかったです。また、ビバーク地設営の際も指導する以前に自分の知識や能力の無さからリーダーや班員に適切なアドバイスを全然できなかったことが大きな反省点です。

今回初めてスタッフとして参加したことで、キャンパーの時とは違った視点からキャンプや子供を見ることができとても勉強になりました。そして、子供の力を最大限に引き出すにはどうしたら良いかを考えたり、子供の安全面や健康面もしっかり管理しなければならないカウンセラー、スタッフの責任感を非常に感じ貴重な経験をすることができました。

ほっち

関西大学サッカー部ウィンターキャンプ

 

場所:香川県小豆島

日時:2/12-2/16

派遣:ちゃり

 

今回は自転車に乗って小豆島をめぐるという内容で自転車好きの自分にとってはとても楽しい内容でした。小豆島は小さい島ですが標高差が結構あるところもあり、女子マネージャーは体力的にとても辛そうでしたし分裂しかけている時もあってカウンセラーも難しそうでした。

今回は関西大学サッカー部の3年生たちがカウンセラーとなり1年生を指導するのをサポートをするという役割でした。

自分がそうであるようにカウンセラーもまた成長の機会なのに初めの頃はとくにキャンパーのことしか考えておらず少しカウンセラーに指導しすぎてしまったと思います。普段のカウンセラーでも戸惑うことが多いですが、本部はさらに難しいなと感じました。

 

ちゃり

GW合宿@花山 募集のお知らせ

日時:5/2~5/4

場所:花山キャンプ場

締め切り:4/26

今年もGWに花山キャンプ場に行きたいと思います。

メインは例年同様山菜取りと栗駒スキー!

詳しい出発時間などは参加者が決まってから連絡します。

興味のある方は薫まで連絡ください。メアドはメールに記載します。

2月スキー研修合宿

2月スキー研修合宿のお知らせです。
日時:2月9日~11日
場所:苗場スキー場
宿泊:西武ヴィラ
内容:参加者の確定後調整
費用:15000円~20000円程度
つまごいスキーキャンプに向けカウンセラー陣もステップアップできるようにサポートいたします。
申し込みはメーリングリストに記載のアドレスまでお願いします。
ももたろう

資生堂ASE

実施日:2018/12/6

場所:お台場

派遣スタッフ:がっきー、ちゃり

資生堂の社員の方を対象としたASEにスタッフとして参加してきました。

今回の一番の特徴はすべての会話を英語でASE(キーパンチ、モンスター、ブラインドスクエア)を行ったことでした。結局自分一人で班を持つことはなかったのですが、初めて班を持つことになり、さらに英語で話さなければということで始まる前、大変緊張していました。最初のASEのキーパンチが始まってみると参加者の方々が積極的にディスカッションをしてくれて新しい意見もどんどん出てくるし一番恐れていた誰もしゃべらないということが起こらずに済んで少しホッとしていました。しかしただでさえ介入の仕方に悩んでしまうのに英語がうまく伝わらなかったらどうしよう?なんて言えばいいんだろう?と必要以上に悩んでしまい介入しなければいけない場面でも介入できないことばかりでした。もっと事前準備として様々な英語の文を想定しておけばもう少し緊張せずにできたのかなと思いました。

今回は普段の自分を見直すいい機会になりました。今回気が付いたことを忘れず、努力していくよう努めたいと思いました。

 

ちゃり

研修合宿2018.5

かぐら春スキーコブ合宿

いよいよ今シーズンの滑り納め。来シーズンのひとつ上の滑りを目指しコブを滑り倒しましょう!

日時:5月26日(土)−27日(日)
※参加者のスケジュールに応じて、5月25日夜発と5月26日夜発を調整します。
場所:かぐらスキー場
宿泊:BC Naeba Base(西武ヴィラ6号館6413)
対象:コブを攻める気持ちのある人・コブ苦手な人も大歓迎
費用:リフト代、交通費、食費を頭割り。約10,000〜15,000円程度
申込:info@yoshonencamp.com
担当:伊丹崇