花山キャンプカウンセラートレーニング

50年の歴史をもち、我が国で最も伝統のあるサマーキャンプの一つである花山キャンプのカウンセラーにあなたもなってみませんか?




このキャンプは次のような大学生に最適です
✔️キャンプに興味があり、将来キャンプに関わる仕事をしてみたい人
✔️子どもの教育を、理論的、実践的に本気で学びたい人
✔️すでにキャンプ団体に所属しており、他の団体のキャンプも学びたい人


このキャンプのフィロソフィー
✔️エビデンスベース:自然体験は子どもたちの成長に大きな効果を与えますが、その効果は、確かな理論を基づき、正しい教育を受けた指導者によって、より高めることができます。
✔️エクスペリエンシャル:野外指導者は、経験の積み重ねによって、スキルを高めるとこができます。そのため、より多くキャンプ指導をすることによって、より高い技能を身につけることがきます。
✔️ダイバーシティー:野外指導は、教育、環境、社会、心理、文学、医学、体育などの学際的な学問の理解が必要です。そのため、いろいろな能力を持ったスタッフのコラボレーションによって、よりよいキャンプになります。


トレーニングキャンプで以下の資格を取得できます
Wilderness Education Association:WEA
野外教育指導者の総合的な技能を獲得するための資格で、野外生活技術、遠征計画、リーダーシップ、リスクマネジメント、環境スキル、指導法が含まれます。このトレーニングでは、Outdoor Leader Training Course:OLTCという修了書を得ることができます。その後、より効率よくCertified Outdoor Leader:COL資格にステップアップすることができます。

Leave No Trace:LNT
環境に対してダメージを最小限にするためのシンプルな7原則を身につける野外技術の資格です。現在40カ国以上の自然公園、野外指導に導入されている、まさに環境保全のグローバルスタンダードです。このトレーニングでは、LNTの他の人に指導をすることのできるLNT Trainer資格を取得するこができます。

Wilderness First Aid:WFA
都市救急のプロトコルが通用しない自然環境の中での応急処置の方法です。アメリカでは、この資格がないと野外指導ができないシステムになっています。Wilderness Medicine Traing Centerが公認するWFA資格を取得することができます。

※コースを受講するためには、別途テキストが必要になります。
アウトドアリーダーデジタルハンドブックOLTCパッケージ(1,000円)
野外救急デジタルハンドブック(2,500円)
※公認を希望する方は別途公認料がかかります(WEA:4,000円,LNT5,000円,WFA3,000円)

どうして資格がタダで取れるの?
花山キャンプは、国内の野外教育をリードし、各種野外教育資格を公認するためのライセンスをもつ株式会社backcountry classroomが、監修をしてます。そのため、通常では取得をするために、高額(平均100,000円)となる参加費を、無料にすることができるのです。


応募条件
1)大学生・大学院生・専門学生
2)トレーニングキャンプ(8/3-8)に参加できる方
3)自立した健康管理、野外生活ができる方
4)カウンセラーユニオンに入会できる方(入会、年会費無料)
5)新型コロナウィルスガイドラインに従える方
※1)の条件以外の方は直接当研究会までお問い合わせください。


採用手順
1)7月17日(金)までにエントリーシートを記入してください。
2)エントリーシートの審査結果を7月20日(月)にお知らせします。
3)7月20日(月)-21日(火)に面接(30-45分)の日程調整を行います。
3)7月22日(水)-24日(金)にテレビ会議による面接を行います。
4)7月24日(金)に採用の可否を連絡します。


2020花山キャンプスケジュール
花山キャンプは、幼児から高校生まで対象とし、学年ごとに複数のコースに分かれた長期キャンプですが、今年は、新型コロナウィルスによる学校休校の影響により、以下の日程で短縮して行います。また、お盆時期と重なるため、例年より参加人数が少ないことが予想されます。キャンプの内容は、ウィルダネス教育、冒険教育、環境教育の理論に基づき、野外遠征をカリキュラムの中心とした、コースデザインです。主につくば市、東京都、宮城県の子供たちを対象にしています。

Aコース(6泊7日)
2020年8月10日-16日
小学5年生〜高校3年生
Bコース(4泊5日)
2020年8月12日-16日
小学6〜4年生


※花山キャンプは、スタッフの経験、役割に応じて謝金(約25,000〜50,000円)をお支払いします。
※一度トレーニングコースに参加すると、翌年からもスタッフ参加可能です。


カウンセラートレーニングアウトライン
日時:2020年8月3日(月)-8月8日(土)
集合:8月3日10:00東北新幹線くりこま高原駅
場所幼少年キャンプ研究会花山キャンプ場
宮城県栗原市花山本沢沼山68
0228-56-2562
スケジュール

午前 午後
1日目 移動 ガイダンス/指導実習課題 野外救急(概要)
2日目 野外救急(外傷) 野外救急シミュレーション/固定・搬送 野外救急(環境)
3日目 野外救急シミュレーション/野外救急(疾病) 休養/遠征準備 トリッププラン
4日目 野外遠征(ナビゲーション) テント設営/たき火 ビバーク
5日目 野外遠征(リスクマネジメント) 野外遠征ふりかえり ビバーク
6日目 休養/コースふりかえり フォローアップ/個別フィードバック 修了式

FQA

Q新型コロナウィルスの感染の心配はありませんか?
Aリスクゼロにはなりませんが、花山キャンプの感染予防ガイドラインに従うことにより、リスクの最小化に最大限の努力を払います。最も重要なのは、参加するまでのみなさんの行動です。キャンプ1週間前(できれば2週間がより良い)は、感染リスクの高い行動を控えることが、仲間のスタッフ、キャンプに参加する子どもたち、みなさんが大好きなキャンプに対する責任ある行動です。

Qキャンプ本番前に一度家に帰れますか?
Aトレーニングコースにより、みなさんは1週間の集団隔離という、極めて低いリスクを獲得します。一度そこから離脱することは、また集団の感染リスクを高めることになります。Bコーススタッフは日程的に不可能ではありませんが、キャンプの安全のために、原則不可とお考えください。

Qトレーニングキャンプ中の生活は?
Aトレーニングキャンプ中は、花山キャンプ場のセンターで、共同生活を行います。食事は当番制で自炊します。キャンプ場にいる時は自由にシャワーや入浴可能です。洗濯機もあります。電気はありますが、携帯電波は微妙です。

Q自由時間にコンビニに行けますか?
A最短のコンビニまで車で30分かかります。花山キャンプ場は、大自然の真っ只中で、特別の理由がない限り、街に下りることはできません。その分、花山キャンプが終わって、「街(しゃば)」に戻ると感動します。

Qキャンプに参加するために特別なスキルや資格は必要ですか?
A一切必要ありません。このトレーニングキャンプに向けて自分で勉強したり、資格を取ったりすることは、とても良いことだと思いますが、むしろ、この経験を皆さんの中でどのように活用して、みなんの成長や、世の中のためにどう役に立てるのか、しっかりしたビジョンを持つことの方が大切です。

Q花山キャンプってどんなキャンプですか?
A1969年に、筑波大学の前身である東京教育大学野外運動研究室において、現在の代表である飯田稔先生が始めたキャンプです。その後筑波大学の野外運動研究室で実践を重ね、1985年に花山にベースキャンプを移しまし、2011年に民間団体として独立しました。実践、指導者養成、調査研究を 3本柱としており、国内に最も多くのキャンプ指導者を輩出し、このキャンプで行われた論文数も国内最多です。

Q体育が苦手で登山が心配なのですが?
A登山に体力が不要とは言いませんが、日常的な生活を健康的に過ごせる方であれば、全く問題ありません。登山がきついと思ってしまったのは残念ながらこれまでに出会った先生の失敗です。登山は楽しく、カッコよく、クレバーな活動です。研修で登る山は花山キャンプで幼稚園年長児(5才)が登る山です。

Q国際資格をとって日本で役に立ちますか?
A役に立つのは日本だけではありません。日本も国際社会の一員です。国内の資格は海外に行っても全く認知されませんが、国際資格は、日本だけではなく、海外に行ってもあなたの技能の証となり、世界中の指導者と、共通の概念で指導ができます。もちろん国内にも同じ資格を持っている指導者がたくさんいますので、その専門家たちに仲間入りすることになります。

Qカウンセラーユニオンってどんな団体ですか?
A花山キャンプは賛助会員という会員組織のキャンプで、子どもの頃から花山キャンプにずっと参加してきた子どもが大学になって、カウンセラーをやるために作った組織です。年間を通じて、キャンプの勉強やスキルアップの研修会などをしています。皆さんも、興味があれば参加することができます。

Q虫が苦手なのですが?
A虫は山ほどいます。虫刺されに関しては、一般的な虫除け方法はほとんど役に立ちません。重要なことは、虫の生態を理解し、どうしたら刺されないか、服装や行動を調整します。虫は3日目には気にならなくなります。虫による新型コロナウィルスの伝染は起こりません。

Q子どもに怪我をさせてしまった時に責任を取らないとダメですか?
Aかなり限定的です。取得した資格や、キャンプディレクターの指示に従っても事故が起こってしまった場合、皆さんに責任がおよぶことはほぼありません。また皆さんの過失においても、主催団体の使用者責任が重くなるため、皆さんによほどの悪意や、命令無視がない限り、責任は及びません。

Q野外の装備や服装がないのですが?
Aトレーニングキャンプや、花山キャンプの指導で使う装備はほとんどお貸しできます。ただし、レインコート(ゴアテックス)だけは、出来る限り自分で準備することをお勧めします。詳しい持ち物リストは、参加者に対して送ります。

Q資格はいつまで有効ですか?
AWEAは2年分、LNTは1年分、WFAはその有効期間に応じて1〜3年間有効です。それ以降更新したり、より上位の資格にアップグレードするかは、みなさんが今後キャンプとどう関わっていくか次第です。

Q指導者はどんな人ですか?
A花山キャンプの現在のキャンプディレクターである岡村泰斗さん、通称ばくさんは、日本で初めて野外教育に関する博士号をとり、現在backcountry classroomの代表を務める、日本の野外教育の第一人者です。花山キャンプでの指導歴は30年で、周辺の山々や自然を知り尽くしています。

Q怪我をしたら保険を使えますか?
A使えます。皆さんの保険は主催団体が加入します。死亡後遺症400万円、入院6000円×日数、通院4000円×日数、賠償責任3000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合は、自己責任で加入してください。