団体紹介


 

 

カウンセラーユニオン(CU)とは?

 

2010年2月に発足した幼少年キャンプ研究会の指導者ネットワークです。

野外教育指導者・研究者の育成を目的として、年間を通じ、月例会や、研修合宿、キャンプ指導などを行っています。


事務局はつくば市にありますが、筑波大学生だけではなく、長年花山キャンプに参加したキャンパーや、キャンプを勉強する全国の大学生が所属しています。

つくば市に住んでいなくとも毎月発行されるニュースレターで情報を得たり、日本各地で行われる研修合宿などに参加することができます。

CUに入るには?

会員は、会則で次のように定まっています。

(1)以下に該当する現役キャンパー

 1.高校2年次以上

 2.保護者が特別賛助、もしくは賛助会員である

 3.花山キャンプ、つまごいスキーキャンプに3回以上の参加経験があること

 4.キャンプ指導に興味があること

(2)花山キャンプ、つまごいスキーキャンプに3回以上の参加経験をもつ、キャンプ指導に興味のあるキャンパー卒業生

(3)野外運動専攻、および将来野外教育に関わる分野に携わりたいと思っている大学生・大学院生

(4)2年間以上、CU会員として活動した者

(5)その他本会がふさわしいと認めた者

キャンプ指導に興味のある方は、是非一緒に活動しましょう!

CUの活動内容は?

1 月例会

月に1度、キャンプ指導のスキルアップを目指して月例会を行っています。
実技に関する講習をすることもあり、理論の勉強をすることもあり。

これまでには、レスキュー講習、雪崩レスキュー講習、地図&コンパス、プログラム企画論、ASE指導法、クライミングスキル&指導法などの内容を取り上げました。

 

  2 研修合宿

不定期で、全国のフィールドにおいて実践的なトレーニングを積んでいます。

夏山登山、バックカントリー、秋のキノコ狩り、クライミング、キャンプ関連イベントへの参加など、内容は様々。

やはり、実際に自然の中でトレーニングを積むことが一番ですね!

 

3 キャンプ指導

幼少年キャンプ研究会主催事業にて、スタッフとして指導経験を積みます。

多くの実践の場を与えてもらえるのも、歴史ある幼少年キャンプ研究会ならでは。

メインイベントである夏の花山キャンプや、つまごいスキーキャンプなどの子ども向けキャンプだけでなく、不定期で様々なキャンプ(学校の実習や、企業の研修などなど)のスタッフとして参加できる機会も。

 

4 ニュースレター、HP、Visionへの記事掲載

CUに登録すると、毎月発行されるニュースレターがメールで届きます。
スタッフ募集や月例会や研修合宿などのイベントのお知らせ、会員の実践報告など、野外関連の情報が盛りだくさんです。

また、HPの運営やつくば市のスポーツ情報誌Visionへの記事掲載など、広報活動を行っています。

 

 これまでの月例会・研修会・スタッフ募集の記録は

http://yoshonencamp.com/cu/cu.html

をご覧ください。

こちらから入会申し込みもできます。

最後に…

幼少年キャンプ研究会は、1969年に発足して以来、のべ11,100名の子どもをキャンプに迎えました。また、約400名の学生をキャンプ指導者として輩出し、多くの方が今日の日本のキャンプ界をリードしています。
 これまで、当研究会のキャンプ指導は、主として筑波大学体育専攻の学生が行ってきましたが、近年では、長年キャンプに参加したOB・OG がキャンプ指導者を目指すようになり、スタッフとして参加する機会が増えています。また、かつての学生スタッフが、全国各地の大学でキャンプ指導者の養成を行い、こうした他大学の学生の参加も増加しています。
 しかしながら、キャンプ指導者を目指すすべての人にとって、大学で専門的な教育を受けたり、豊富な指導経験を積んだりする機会があるとは言えません。また、キャンプ指導は、スポーツだけではなく、とても広い学問の知識や経験が活かされる分野です。
 そこで、キャンプ指導に興味がある、キャンプの勉強をしているが十分に実践の場がない、キャンプ指導をしているが大学で専門の授業を受けていないような学生を対象に、キャンプ指導者の養成と実践の場の確保を目的としたカウンセラーユニオン(以下CU)を幼少年キャンプ研究の下部組織として設立しました。
 CU の主な活動として、キャンプに関する知識・技能を研修する月例会、各種野外活動のスキルアップを図る研修合宿、ニュースレターによる情報交換、そして幼少年キャンプ研究会キャンプ事業へのスタッフ派遣を行います。
 
 CU の活動によって、多くの方がキャンプ指導者としての技能と経験を積み、キャンプ指導の深い魅力を感じ、より豊かな学生生活、将来展望の一助としてもらえることを心から望みます。

カウンセラーユニオン