NTTテクノクロス ASE

日時:2018年9月28日

場所:神奈川県某所

派遣:ももたろう

 

今回の研修は少し特殊で4つのアクテビティーを30分間チャレンジし振り返りを行うものでした。持ち班を作るのではなく各アクティビティーに張り付き回ってくる班をファシリテーションしました。

自分は蜘蛛の巣を担当しました。時間が短い中でどのように介入すべきなのか、成功体験に導くためにはどのようなリーダーシップを促すべきか迷いました。4つの班に浅く広くという感じで関わっていく中でどこまで入るのか又班の成熟度を瞬時に察知する力が問われていたと思います。

個人的にはちょうど良い難易度の設定ができていたのではないかと思います。

反省点としてはもっと普段の業務に関連づけたフィードバックができていたらよかったなと思いました。

43252

 

ももたろう

 

花山キャンプ2018Cコース

 花山キャンプC自分自身を成長させてくれる素晴らしいキャンプ!

花山キャンプ2018Cコース

日時:2018年8月18日〜8月23日
場所:花山キャンプ場
派遣:ももたろう、チェリー、ゆめ、チャリ

今回、ももたろうはプログラムディレクター、チェリー・ゆめはカウンセラー
チャリは本部でした。
キャンパーは男子3人女子3人の6人と少ない参加となりましたが、去年とは打って変わって天気は快晴!!活動しやすく人数が少ないからこそできる活動をしました。

白沢サバイバルツアーでは生き延びるために重要な4つの事を学び。栗駒登山ではキャンパーそれぞれがコースを選択し最後までやり遂げる重要性と判断力の大切さ、花山湖でのイカダプログラムではキャンパーと力を合わせて手作りのイカダを完成させできた時の達成感や協調性、準備の重要性を学びました。

反省点として、火起こしで何回も同じミスをして火おこしに時間がかかりその後余裕を持った行動ができなかった。同じミスを繰り返すのではなくどうしてそうなったのか、何がダメなのかもっと考え、次に行動する必要があると思います。
また、キャンパー同士男女でのコミュニケーションをうまく取るためにどういう風に介入すべきなのか戸惑ったところもがありました。活動して行く中でキャンパーそれぞれの良いところをカウンセラーが引き出せるよう介入して行くことが大切であると考えます。

また、キャンパーができるところはキャンパーができないところはカウンセラーとという見極めをする判断力とまだまだ登山の知識の無さを感じました。カウンセラーが不安だとキャンパーにも伝わり信頼関係が損なってしまいます。
しかしキャンパーが全てカウンセラーに頼るのではなく子供たちで考えて行動するという事も大切でその中で自分が介入したことでより良い活動にできるようなカウンセラーになれるようにしたいと思います。

39750

ゆめ

花山キャンプ2018 Aコース

日程 : 7/29-8/6 (スタッフ派遣は7/30-8/1)

場所 : 幼少年キャンプ研究会花山キャンプ場

派遣 : ちゃり

S__14778505大学の授業があったため途中のみの参加をしてきました。途中からの参加だったため子供達とうまく馴染めるか少し不安でしたが、行ってみるといつも通り元気な子供たちがいて仲良くなることができました。子供の適応能力は凄いなと感じたキャンプでした。

今年のAコースは1番上のコースですが高校生が居ないという珍しいパターンな気がしましたがその分ベテランの中学生達が頑張っていました。

S__14778504

 

私がいた日は地図コンの練習と救助の練習を兼ねて白沢探検へ行ったのですが、小学生が理解できるような説明が出来ませんでした。自分の準備不足を感じました。普段の野外生活の中でどのような説明をすれば分かるかもっとを考えながら行動すればよかったなと思いました。

 

 

来年も1コース全て行くことは厳しいかもしれませんが宮城にいることだしまた参加出来ればいいなと思いました。

 

ちゃり