さしま少年自然の家ASE

 参加者:ももたろう

11月9日さしま少年自然の家で行われた学校教員への「本当の体験活動とは」でASE(ビーム)を使用したためその設置と補助を行ってきました。

前半は元プロサッカー選手の真中さんの講演を聞き、その後にばくさんのASEを用いたSPECモデルの実技講演が始まりました。

おもにスポットとして参加者が万が一落下した際に補助できるように待機していましたが、いかにも待機しているから安全だといった雰囲気を出してしまうと参加者が油断してしまい失敗につながってしまうのではないか思いどのくらいで入っていけばよいかにすごく悩みました。

安全第一で行うためには観察力と瞬発力、リスクマネジメントが大切だと思いました。これから体験の質を下げない介入方法を勉強していきたいと思いました。

ももたろう

第二回目秋夢キャンプ

日付 11月7~8日

内容 クライミング

派遣 ソミー、ももたろう

第二回目秋の夢キャンプにスタッフとして参加していました。
場所は、岩場は違いますが、前回と同じ茨城県日立市御岩山にて行いました。

1日目は、全員で自分自身の力だけで岩場の下に降りるオーバーダウンを体験しました。
全員無事成功しました!
夕飯は、焼肉とたこ焼きのバーベキューをしました!!
その後は2日目にあるコンペディションのためにクライミングをスピードと質を練習しました。

2日目は、雨か降ってしまったためコンペは中止になりましたが、雨が本格的に濡れる前に一人一本挑戦しました。そして、時間が余ったため温泉にゆっくりつかったのち解散しました。

安全を考える上で、登る前はトップの流動分散、ハーネスがしっかりついてること、登る間はこの瞬間にロープが切れた場合どうなるのか、アンカーとビレーヤーが正しく機能してるかどうかを常に注意する必要があります。一瞬でもどれか一つがおろそかになっていたら事故に直結するため、これまででもっとも自分の集中力を保つのに苦労しました。

ソミー

ゆめキャンプ 秋

日付 10月24日~25日

内容 クライミング

派遣 ソミー、ももたろう

 

 

茨城県日立市にある御岩山にて小中生を対象にしたクライミングキャンプを行ってきました。

初日、初心者班と経験者班に分かれ活動しました。

自分は初心者班を担当しました。

クライミングは瞬時に危険を察知したり注意力がより必要なアクティビティーだったこともあり初心者講習に念入りに時間をかけました。ハーネスの脱着、ATCの使い方、エイトノットの原理を子供たちに教えました。理解するスピードが速い子やなかなかわからない子もいてどこまで時間をかけたらよいかなど迷う部分が多く大変でした。

 

2日目は初心者班も経験者班も混合になりクライミングが始まりました。

2人で3班を見るのは大変でしたが無事終わることができました。

 

 

 

今回のキャンプでの反省点や課題は次のクライミングキャンプで意識して活動していきたいと思います!