10月月例会

10月12日(月)

場所 御岩山

参加者 ソミー、れんこん

 

 10月の月例会ではクライミング研修でした。今回は秋に行われる秋キャンプ(小学4生~中学3年生が対象)に向け御岩山で行いました。

現地に着いた時間は8時半でしたが、車がインロックしてしまったので研修が始まったのは9時過ぎでした。

 

研修で学んだこと

①ハーネスのつけ方で大切なこと

②ロープの結び方(エイトノット)

③ビレーの仕方

④ビレーをしている時にロープをどういう風において置くか。

⑤ビレーヤーとクライマーのコミュニケーションの中に第3者が入っていけない。

 

 7月の月例会に参加していたソミーは、今回のリードクライミングをスラスラ登っていました。しかし、私は中学生以来リードクライミングを行っていないうえ、さらに運動不足だったので、時間をかけてやっとのことで登ることができました。

 

 登り終えたところで、紐を岩にかけて流動分散法という結び方を教わりました。

image  image

 image  image

 その後に、場所を変えて先ほど教わった流動分散法の設置をしました。その結びの注意点は…

① 紐を引っかけるところをしっかり見る。

② 長さが60cmか120cmのどちらを使うか見極める。

 

 

 設置した流動分散法を使ってソロビレーを行いました。ソロビレーは二人とも初めてだったので最初は怖かったですが、中盤あたりで慣れてきたのでスムーズに降りてこられました。ここで研修を修了し、バクさんは車の件で先に駐車場に戻っていきました。ソミーと私は、降りてきたルートを交互にリードクライミングを行いました。

使った器具を回収しバクさんがいる駐車場に向かいました。バクさんと駐車場で合流し、御岩山をあとにしました。それから、高速道路で事務所に向かって行き、途中で昼ご飯を食べました。

そうこうしてる間に事務所に着き、クライミングのロープを種類ごとに分けてから、発送作業を行いました。

 

 

れんこん

花山キャンプCコース

RIMG4546

8/16〜8/23の6泊7日の日程で花山キャンプcコースが実施されました。

 派遣スタッフ : きむにい、ソミー

場所:花山キャンプ場

参加者は、中高生の10人でした。

今回新しいチャレンジがありました。

それは、五泊六日の登山、LNT(Leave No Trace)とアウトドアリビングスキル(野外生活技術)の教え合い(teaching class )、全員がLOD(leader of the day)、そして教えあいやLODへの自己評価と周りからの評価をしました。

さらに、そのteaching classではspecモデルという、生徒が能動的に学ぶサポートを実践しました。そして、評価段階では、ハンバーガーメソットという相手を伸ばすための評価方法をとりました。

 登山1日目 LOD:あや サブLOD:りさこ

RIMG4578

初日はあいにくの雨からのスタートとなりました。まず、きくホールでパッキングや装備、食料計画についてのTCを行い、午後から二班に分かれて登山へ出発。キャンパー達は慣れないLODやTCに苦戦している様子でした。この日は震災の影響で今では閉まっている温湯温泉の佐藤旅館前で夜を越しました。しかし、ここでキャンパーの一人が体調を崩しソミーとともにキャンプ場に戻ることに。

登山2日目 LOD:かおる サブLOD:こうだい

なんども二人一組で沢を渡りながら大地森の変則十字路を目指します。ところが先導していたバクが道を間違えてしまい、急遽沢沿いでビバークをしました。バクさんについていけば大丈夫だろうという考えを反省させられました。

RIMG4617

登山3日目 LOD:りさこ サブLOD:あきまさ

コースを修正して時間を調節しながら大地森経由で御室まで歩きました。なんと御室では全員がソロを行いました。長い登山も中盤へさしかかり、キャンパー達は山の生活に慣れてきたようです。

RIMG4635

登山4日目 LOD:みどり サブLOD:ももたろう

この日は丸一日御室に滞在しバクときむにいから中間評価をうけたり、野外救急法や他のビジターへの配慮などのTC、スタンツを行なったりました。皆これまでの反省や良かったところを生かしてティーチングやフィードバックがどんどん上手くなっていきます。中間評価では幾つかの項目についてキャンパーそれぞれの課題や到達度を評価しました。これを元に残りの登山でさらなる成長を目指します。そして、夕食は料理コンテストを開催しました。どの班の限られた食材で絶品料理を作りました。なんと揚げ物も!花山史上初です。

RIMG4678

登山5日目 LOD:たけちゃん サブLOD:ゆか

前日の夕方にバクは花山キャンプ場へ帰ってしまったので、ここからはキャンパーだけの登山となりました。秣岳に向かう班と須川湖へ向かう班に分かれて出発。須川湖班には須川分岐でソミーと回復した下山していたキャンパーが合流しました。その日は須川湖のキャンプ場で一泊しました。

登山六日目 LOD:しょうご サブLOD:あや

朝七時に出発し、大湯温泉にお昼過ぎに着きました。その後キャンプ場で残りのティーチングをして、夜は生還パーティーです!楽しかったね^^

キャンプ最終日

カウンセラーからキャンパーに最終フィードバックを終え、最後にみんなで集まってキャンプの振り返りをして帰りました。

 

今回カウンセラーとして初めて花山に行き、キャンパーの友達、親そしてアドバイザーとしてサポートするために毎日がんばる中でもうひとつのキャンプの顔を知れました。

 

ソミー ・ きむにい

MONフェスタ

2015MONフェスタ
日程:10/10~11
場所:南蔵王野営場
参加者:バク、ソミー

12164960_749420565163335_1378342900_o

今回のモンフェスには、森の学校キッツ開催で、仙台大学、幼少年キャンプ研究会、モリウミアスの4団体の参加者19人で行われました。
お昼過ぎに到着して最初にそれぞれの団体の鉄板アイスブレイクを行いました。その結果、全員のキャンパーネームを覚えることがでしました!
そのあとソミーがLNT(leave no trace)のワークショップを行いました。LNTの原則とテーマを”自然を変えない”に絞った、外来生物の持ち出し持ち込みを学びました。自分達の靴の裏を調べて自分達が外来生物の運び手になっていないか、チェックしました。
種、虫の卵や小さい虫を見つけた班もありました!

12162395_749420578496667_2101231210_o

次にバクが野外救急法の指導を行いました。
理論の説明のあと全員が演習しました。間違える度に別の人が最初からやり直すことで何度も繰り返し練習できました。
その日は暗くなったので終了し、終わらなかった部分を次の日のお昼に付け加えました。

夜は1ヶ月アメリカで野外指導の合宿をして帰国したばかりのバクによって、国際的に見た日本の野外について、制度、人、環境の位置を話してもらいました。

12116481_749420658496659_1364196465_o


2日目は、不忘山の紅葉狩りとカヌーの二つのコースに別れて活動しました。
紅葉狩りは山頂付近が曇っていたため予定変更して、五色岳の御釜の登山と温泉を楽しみました。

最後に振り返りと野外救急法の付け足しをしてモンフェスを終了しました。

野外の研究室に属する大学生や野外を仕事にしている方と夜にキャンプに関係ないことも含めてたくさん話すことができて楽しかったです。
キッツのスタッフにご馳走になった鍋やちゃんちゃん焼きやモツ煮込みがものすごく美味しく、二日間が一瞬で過ぎてしまいました!!
自分のティーチングに改善点がたくさんあることも再確認できたのもよかったです。

ソミー