花山キャンプBコース

8/8〜8/12の4泊5日の日程で花山キャンプBコースが実施されました。

 

 派遣スタッフ : ちーねぇ、ももたろう、みややん、まっすー、チャコ

場所 : 花山キャンプ場

参加者は幼児から小学4年生までの28名で4班構成でした。

 

◎1日目

キャンプ場に到着後、各班テント周りの環境整備をしました。

 その後は砥沢で沢遊びをしました。おたまじゃくしを捕まえたり、砂防ダムから飛び込んだり、水遊びしたりして各々楽しんでいました。

  image

夜は班ごとにナイトハイクをしました。

 

◎2日目

朝から雨が降っていましたが、予定通りに砥沢探検をしました。少し寒かったのですが元気に沢に入って遊んでいました。

沢から帰った後は広場で3日目の登山説明をして、そのまま夕食コンテストゲームをしました。夕食のお好み焼きにいれる具材をかけて班対抗のASEをやり、盛り上がりました。意外にも幼児班である1班が強かったです(^^)

その後は夕食づくりをしました。ゲットした食材でどんな美味しいお好み焼きができるか、そして優勝できるか、みんなでアイディアを出し合いながら作りました。

image

その結果、優勝は…..3班!!

image

各班夕食コンテストの結果に応じて景品の花火をもらい、班で3日目か4日目の夜にやりました。

 

◎3日目

今回Bコースは
砥沢コース  1班
合の沢コース  2班
ダブルコース(砥沢→合の沢)  1班
の3コース4班で登山しました。

合の沢コースのまっすー班が途中道に迷い遅れをとってしまい、泣く泣くお駒山山頂を諦めましたが、キャンパーに先頭を任せたことにより、キャンパーの成長がみれたそうです。

image   image

そして、もともと合の沢出口でバクの車に乗ってキャンプ場まで帰る予定だったダブルコースのももたろう班。まっすー班が道に迷った!ということで、バクはまっすー班の方へ駆けつけたので、なんと車で行くはずだった合の沢出口からキャンプ場まで歩いて帰ってきました。お駒山を歩いて一周したももたろう班はそのあとレジェンドと呼ばれました(^^)

 

◎4日目

お土産づくりをしました。焼き板、ネームタグ、ロックペンダントの3つの中から選んで作りました。ちゃんと下書きして描きました。

 image

夕食の後はキャンプファイヤーをしました。一生懸命考えたスタンツを班ごとに発表しました。

image

合間にやったキツツキ体操が予想以上に盛り上がったね(^^)

 

◎5日目

次のCコースはほとんどキャンプ場にいないため素早く撤収作業を行いました。テントサイトと共有スペースをきれいに片づけ、閉村式をしてキャンプ場をあとにしました。

 

今回初めてカウンセラーをし、カウンセラーの仕事の大変さを知りました。大変でしたが、短い間で成長していくキャンパーたちを近くでみることができて嬉しかったです。

 

ちーねぇ

花山キャンプAコース

8/1〜8/6の5泊6日の日程で、花山キャンプAコースが実施されました。

派遣スタッフ:のりりん、ちぃねぇ、ももたろう、チャコ、あねき
場所:花山キャンプ場・栗駒山
参加者は小学4年生から中学2年生までの14名で、2班構成でした。
◎1日目 環境整備・沢遊び
キャンプ場到着後、机・椅子・タープなどテントサイトの周りを、1班と2班の出来栄えを競争させる形で整備しました。
image
環境整備終了後は、砥沢の砂防ダムへ向かい、各々がダムから飛び込んだり水遊びをしたりして、楽しんでいました。
image
◎2日目 白沢探検・登山説明
白沢探検では、1の滝から4の滝までの4つの滝で、ビレイつきのシャワークライミングを行いました。
慣れてくると、同じ滝でも少し難しいコースで登るキャンパーも現れ、登りきった達成感から自信をつけたキャンパーもいたようです。
この活動を通じ、キャンパー達は班のメンバーと打ち解けていました。
image
キャンプ場へ戻ったあとは、登山説明が行われました。宿泊登山が初めてのキャンパーが多く、みな真剣に説明を聞いていました。
image
◎3日目・4日目 栗駒山登山
今回は、小学4年生・5年生対象の夏道コースと、小学5年生以上が対象の新湯沢コースの2コースが設けられました。
初日はどちらのコースも無事ビバーク地である御室に到着し、御室を満喫していました。
image
2日目は生活班ごとに、ゴールの湯浜温泉まで向かいました。
途中で先頭を年長のキャンパーに任せましたが、年少者をうまくサポートしながら下山することができていました。
◎5日目 個人別選択活動・キャンプファイヤー
午前の個人別選択活動では、沢遊び・焼き板作り・バームクーヘン作りの3種の活動をキャンパー達が自由に選択し、各々が充実した時間を過ごしました。
image
午後は、キャンプファイヤーのスタンツを考え、夕食後にはキャンプファイヤーが行われました。
◎6日目 撤収
5泊6日を過ごしたテントサイトの机・椅子を、Bコースのキャンパー用に作り替えました。
今回、私はCUの活動に初めて参加しましたが、今までキャンパー時代に自分を担当していただいたカウンセラーの仕事を知ったり、キャンパー達の成長する姿を目の当たりにしたりと、充実した6日間を過ごせたように思います。来年も、今年の反省を活かし、花山キャンプで子供たちに関わっていけたら、と思います。
あねき

日清食品企業研修in長野

7月29日長野県で日清食品新入社員の企業研修を行いました。

参加者:じゃん、チャコ、ももたろう

実施内容:ASE

当日、社員研修を目的に作られた施設に移動しビームとエレクトリックフェンスの設置を行いました。その他にもウォールやタイヤ抜き(タイヤ入れ)などのアクティビティーが最初から用意されてました。

企業研修が始まりじゃんのアイスブレイクが最初に行われました。まずは簡単に体を動かし徐々にコミュニケーションを交えたものといった順番で進行していきました。さらにアイスブレイク中にその後の活動の班分けもゲームを介して行いました。

いよいよASEが始まり各4班に分かれ用意されたアクティビティーを行います。この際、指導者という立場で重視したのは介入の仕方です。「そこは違うからこうしたらできる」といったり「そのやり方だとだめだからこうすればよい」などといって成功に導いてしまうことはとても簡単なことですがそれでは参加者は何も考えずに言われたからやればいいといった考えになってしまうのです。なのでSPECモデルを利用し、生徒中心の活動を展開していけるように努力しました。特に深く介入した方よい場面とほぼ放任したほうが良い場面の見極めが難しく自分はもう少し女性の積極性を指摘した方が良かったと反省しました。

今回のASEでのくとしての参加者の個々の反省で出てきたの「班員全員で協力してできるように促す」「ルールに厳しく」「怪我につながらないようにするために危険を認知し正しいやり方を徹底する」です。この反省を踏まえ次回はさらに良いASEを提供していきたいとおもいます。そして月例会などでも徹底していきたいと考えております。

ももたろう

 

【募集】10/10-12 みやぎ野外教育ネットワークフェスタ

20150907_030330

 

みやぎ野外教育ネットワークフェスタ(MONフェスタ)の参加者を募集中です。

MONフェスでは、Leave No Trace(LNT)や野外救命法などを教え合います。

今年は宮城に行くついでに花山に寄って、きのこ狩り&紅葉刈り&きのこパーティをします!

温泉ツアーもする予定です。

去年の様子はこちらです。

【モンフェス】

日程:2015年10月10,11,12(土日月※祝日)

場所:宮城県花山キャンプ場およびその周辺

内容:本気のキノコ狩り&キノコ料理研修、紅葉の栗駒と温泉満喫

参加費:4500円(食費は別で割り勘、つくば発着であれば交通費無料)

対象:CUメンバーおよび会の趣旨に賛同する者

備考:NPO法人体験型科学教育研究所の主催する教員研修会を同キャンプ場で期間中行っています。興味のある方はそちらも参加できます。

申し込み:幼少年キャンプ研究会事務局 info@yoshonencamp.com(岡村)

〆切:9/18

ソミー